FC2ブログ
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

プロフィール

yukiko5656

Author:yukiko5656
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<栃木放火>容疑者が妻子に多額保険金 いずれも不自然死 


ケロケロ軍曹 <栃木放火>容疑者が妻子に多額保険金 いずれも不自然死 
以下ニュース抜粋URL
 栃木県さくら市(旧喜連川町)で03年1月、事務所が全焼した放火事件で、非現住建造物等放火の疑いで逮捕された同市早乙女、自動車修理販売業、小林広容疑者(58)の妻(当時41歳)が今年2月、自宅で首をロープでつった状態で死亡しているのが発見された際、頸(けい)部にロープ以外の絞めた跡があったことが分かった。不自然なため、県警捜査1課は自殺と断定せず、保険会社も保険金の支払いを保留していた。同課は、妻が死亡した経緯についても慎重に同容疑者から事情を聴く。
 県警は小林容疑者のほか、出火当時、事務所に住んでいた知人でホテル従業員の伴義雄容疑者(47)ら3人――の計4人を同容疑で逮捕した。これまでの調べで、小林容疑者は火災当時、何らかの理由で多額の借金を抱え、同課は支払われた火災保険約600万円を目当てに4容疑者が放火を実行したとの見方を強めている。出火当時、伴容疑者の衣服に灯油が付着し、伴容疑者は「(小林容疑者に)頼まれて火を付けた。報酬をもらった」などと供述している。
 一方、小林容疑者は次男(当時7歳)と妻(当時41歳)にそれぞれ約8000万円と約9000万円の多額の生命保険を掛けていた。また、妻の死因に不自然な点があるほか、小林容疑者が04年2月に転落死したとされる次男にかけられた保険金を受け取っていたという。このため、県警は放火事件を追及するとともに、次男と妻の死についても小林容疑者から事情を聴く方針。【山下俊輔】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070615-00000012-mai-soci&kz=soci

スポンサーサイト

<< よくぞここまで!スー・チーの美乳はみだし大胆衣装―映画「天堂口」 | ホーム | |;;・∀・)ノ R・スチュワートの息子ショーンが暴行容疑で逮捕 >>


コメント

日本カウンセラー協会認定カウンセラー

日本カウンセラー協会認定カウンセラーとは、1962年から認定を行っている民間のカウンセラー資格 http://mans.wglorenzetti.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。